ティポカを利用するメリットは?

tipoca(ティポカ)を利用する場合のメリットをあげてみると・・・

@無料で相手に届けられる

スポンサー企業がお金を出し合って提供されているため、利用する側には一切お金がかかりません。

インクジェット対応紙になっていて、自宅のプリンターでデザインを印刷できます。

中面に広告が入ってはいますが、あとはそのまま郵便ポストに投函するだけで、ちゃんと宛先に

届けてくれます。

Aお得な情報が得られる

はがきの中面に、お得な情報が掲載されています。

それは、飲食や旅行など、いろいろな業種のサービス情報です。

そのはがきをご覧になられている方限定のサービスとなっている場合もあるため、利用してみたい

という気持ちになってきますね。

Bお年玉くじが豪華

従来の年賀はがきには、はがきの下のほうにくじが付いていますよね。

こちらのティポカも年賀状である以上、もちろん付いています。

でも、当たりの商品がまったくちがっているのです。

ティポカでは、なんと、1等100万円(1,000万枚流通した場合20本)、 2等10万円(同200本)、

3等1万円(同2,000本)のお年玉くじが抽選で当たるようになっています。

応募の手続きは、とても簡単です。

まず、tipocaに印刷されているQRコードから、お年玉くじの抽選サイトにアクセスします。

そして、抽選サイトのページに記載されたリンクから空メールを送信するだけ。

たったこれだけで、100万円が当たるかもしれません。

C世界貢献ができる

世界貢献といっても、いろいろありますよね。

こちらでは、ポリオワクチンが寄付されます。

現在、世界では、ワクチンを買いたくても買えない人たちがたくさんいます。

そのため、tipocaでは、はがきを20枚送るごとに1本のワクチンを寄付することにしました。

つまり、ティポカを送れば送るほど、世界の人々を助けることになるのです。

ティポカってどんなもの?

モバイルコンテンツの制作などで知られるメディアインデックスが、無料で年賀状を作成するサービス

「tipoca(ティポカ)」の受付けを開始しました。

インクジェット対応のため、はがきの表面と裏面に自由に文字を書けるのはもちろん、プリンタで文字や

画像を印刷することができます。

ただ、普通の年賀状と違っているのは、広告・クーポンが印刷されていること。

表面と裏面にはありませんが、接着部を開くとそれが印刷されているそうです。

この広告・クーポンが掲載されているから、無料でできるということなんですね。

今までは50円の年賀はがきが当たり前でしたが、今度からは、企業がその50円を負担してくれる

はがきも登場する、ということです。

申し込む人は、無料ではがきを手に入れて、相手に届けられる。

企業は、申込者にさりげなく、企業が取り扱っているサービスを宣伝できる。

つまり、どちらにとっても、たいへん大きなメリットがあるわけです。

また、年賀状を使っているのは、世界中で日本だけですが、広告・クーポンが掲載されているとはいえ、

無料で提供されている年賀状は、世界初だと言えるでしょう。

なんだか、レンタルサーバーと同じように感じます。

これから先は、年賀はがきだけにとどまらず、その他のサービスにも利用されるのかもしれませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。